Busty dollのblog

当ブログはリンクフリーです。コメントもらえると嬉しいな^^

2017年08月

Busty dollです。


さて、次は、足です。

【足】

数値的には以下の通りでArte145+の方がやはり小さいですね。
全て実測です。
足首の太さは「オラオラ」ってする時には重要な数値ですので載せておきました。

WM161
足首周り17cm
足の大きさ22cm

Arte145+
足首周り15.5cm
足の大きさ19cm

左側Arte145+ 右側WM161
IMG_0715-2

Arte145+は人差し指から小指までつながっています。WM161は全部独立。
ペディキュアはArte145+は選択できません。一応、マニキュアと同じ色のものが付いてました。
WM161はペディキュアの色は結構選べます。私は色白に映える派手な赤選びました。
注文選択時のサンプルの写真の色は判別が難しいですが、勘が当たっていい色を選べました。v( ̄∇ ̄)v

WM161は親指のみ骨があります。Arte145+は足指全て骨がありません。


足の表側の拡大
WM161
IMG_0712-2

Arte145+
IMG_0714-2

足裏の写真
WM161
IMG_0691-2-2


Arte145+(背景のおっぱいに目を奪われないでね(´∀`*)
IMG_0741-2

Arte145+の足裏はもはや指とは言えない状態ですね。
足裏フェチの人はお気を付けを(; ̄Д ̄)



私:「ミーヤ 綺麗だよ」
ミーヤ:「そうでしょう」
     「ウフフッ」
     「キテ」

IMG_0798-2

私:「もっと、足を引きつけてごらん」
ミーヤ:「こう?」

IMG_0800-2

私:「そうそう。いいね。可愛いよ」
ミーヤ:「でしょう」








ミーヤ:「は~やく コイコイ」
IMG_0822-2

ミーヤ:「なんでこないかな~」
IMG_0824-2

ミーヤ:「コーイ」
IMG_0827-2

ミーヤ:「コイ」
IMG_0828-2

ミーヤ:「何でこっちに来ちゃうの?」
IMG_0833-2

私:「いや、ミーヤの綺麗な足を見ようと思ってね」
IMG_0593-2

ミーヤ:「そうなの」
     「ウフフ」
     「でも、はやく コイコイ」

IMG_0834-2

ミーヤ:「やっと キター」
     「ウフフ」
IMG_0845-2

Busty dollです。


実際の自分の経験と確かな筋による情報でおっぱいの柔らかさについて話したいと思います。

ドールは順不同で1.WM dolls、2.ベルドール東京(Dollhouse168)、3.アルテトキオ、4.Doll foreverを挙げます。1と3は私が持っています。2は私がショールームに行きました。4はWM dollsとDoll foreverを持ってる方から聞きました。


結果は柔らかい順に

Doll forever
WM dolls
アルテトキオ
ベルドール東京(Dollhouse168)

となりました。実はDoll foreverって柔らかいらしんです。ユッサユッサって揺れる感じらしいですよ。

Doll foreverとWM dollsはおっぱいが中空です。Doll foreverは中実も選べます。Doll foreverとWM dollsはおっぱいが中空なので柔らかいのですね。でもWM dollsは揉んでるとポコポコ音がします。Doll foreverはその音はせずにしっとりとした感じだそうです。私の経験ではWM dollsがやっとおっぱいになったと思っていますが、その上を行きそうな感じですね。
アルテトキオはシリコーンとしては柔らかいんじゃないかと思います。ベルドール東京(Dollhouse168)は中実なのでゴム鞠みたいですね。ベルドール東京(Dollhouse168)は柔らかい新素材を出しているようですが評価がでてくるのを待ちたいと思います。

ここには載せておりませんが、オリエント工業は一番硬い印象を持ってます。その分耐久性がハンパ無いようです。4woodsは皆目判りません。柔らかい印象を持ちます。

Busty dollです。

次はお尻と言いたい所ですが、時間が掛かりそうなので他の所に行きます。

【手】

手はWM161の方が大きいですね。体格から当たり前ですが。Arte145+に慣れてたため、最初は「でかっ」って思いましたけど体格からしたら普通でしょうね。WM161の方がスキンが柔らかいので骨格をよく感じてしまいます。指の骨はWM161の方が太いです。WMは全体的に関節が硬いことで評判ですが、うちのWM161も硬いです。そのため、手首を回すのが怖いくらいです。スキンが柔らかいため手の骨格が回らず肉だけずれる感じがするので注意してまわす必要があります。ラブドールの関節の取り扱いを知らない初心者だったら一発で裂けさせそうです。
Arte145+は右手4本の指が既に骨折しています(家に着てから八ヶ月位かな)。シリコーンでもTPEでも指の骨の付け根が折れやすいですが、Arte145+は二本位途中で折れてます。私はポージングをあまりやらないんですけどね。WM161の方が指の骨は太いので途中骨折は少なそうです。
IMG_0734-2-1
IMG_0729-2

WM161の方が関節の皺が多く深いですね。Artte145+は皺は少なく浅いですが、その分塗装でリアルさを出しています。パーティングラインのバリはどっちも仕上げが悪いです。Arte145+は値段がこんだけするのならちゃんと仕上げとけって感じです。Arte145+の人差し指の付け根の下のテカりは補修痕です。なんでこんなところが裂けるのかって感じですけど。でもシリコーンは補修は楽です。接着剤を塗るだけで済みます。
マニキュアはWM161の方が濃いですね。

IMG_0733-2
IMG_0735-2

両方とも手相はあります。Arte145+の方が塗装で雰囲気を出そうとしています。でも、個人的には指先の色はいらないかな~。




↑このページのトップヘ