Busty dollのblog

当ブログはリンクフリーです。コメントもらえると嬉しいな^^

カテゴリ: おっぱい/オナホール

Busty dollです。


昔はオナホールにローション2種類使ってました。固めと柔らかめ。でも、ラブドールになってからは固めは使っていません。微妙な動きが出来ませんし、滑りが悪くなると痛くなります。


それでもう柔らかめというか普通のしか使ってないのですが、最近のお勧めはこれです。

うぶじる 370ml
マジックアイズ


前回紹介した「おなつゆ」よりこちらの方がラブドールに合っていると思いますね(*´∇`*)

追記:これはかの有名な「沼の王」ジジさんお勧めでもありますv( ̄∇ ̄)v

Busty dollです。


さて、WM161にはインサートが三つ、たぶん三種類付いて来ました。ホール内径が一番大きいやつを二つくれと言ったのですが、三つ来たのはいいですが、たぶん三種類来ました。カタログではインサートの内径は2cm、2.5cm、3cmとあります。来たやつの内径は実際測っていません。前にも述べましたが、息子の元気が悪いのでキツキツはやなのです。それで、内径が一番大きいのしか使っていません。

こんな感じです。
IMG_0672-2

IMG_0677-2

これをWM161に装着するのですが、結構いい感じです。市販のオナホも買っておきましたがいりません。
( ̄ー ̄)ニヤリッ


しかも、これ裏返せます。
洗浄も楽チンです。
IMG_0671-2

装着方法はポリ袋二枚重ねです。スルスルって入っていきますよ。


Busty dollです。


「ナナミン用オナホール」の記事に追加です。

ラブドールは自分から姿勢を変えてくれませんし、関節の稼動範囲も限られています。

つまり、まっすぐ息子を突入させようとするとそれなりに、ラブドールの高さとか向きを考えないといけません。

最近、認識したんですが、市販のふわトロ系を使うと、多少方向がずれても許容してくれるんです。

純正だとやっぱり固いのでまっすぐ突入する必要がありますが、ふわトロ系は許容してくれます。

ここが、重要とわかりました(*゚▽゚*)

おっぱいを揉みながらいたしてると、息子はいわゆる「Gスポット」あたりを、つんつんしています。

結構、体位の幅が広がるんです( ̄ー ̄)ニヤリッ

もちろん、ラブドールの姿勢を最初から決めとけば、良いのですが、

そのためのクッションは、例えば評判のよいビーズクッションは1万円位するので躊躇してるんです。

では

↑このページのトップヘ