2016年12月28日

お迎え

Busty dollです。


シリコーンドール アルテトキオ145+(145cm巨乳)のお迎え詳細です。


まず、お約束の梱包状態。
CIMG2609-3
重いです。製品本体重量は20kgですので、全部で22、23kgでしょうか。佐川のお兄さんは
ちゃんと天地無用を守って4階(エレベーター無いよ)まで小脇に抱えてやってきました。私には無理φ(.. )。
畳の上を滑らせるのも私には一苦労。やっぱり、これ以上重いのは買わなくて正解と実感。

CIMG2611-1
成田経由です。空輸ですね。アルテトキオは中国に工場があります。
両端とも中からの突き破りはありません。

CIMG2613-1-1
プチプチを取ったところ。箱が重くて下に挟まったプチプチとれません^^;

CIMG2613-4-1
開けると発泡シートで蓋しています。

CIMG2613-5-1
向かって左手が首の方です。ヘッドは足元にあります。本体は寝袋内です。
寝袋はホームページで標準仕様になっています。

CIMG2613-6-1

CIMG2614-1
取り出したヘッド。

CIMG2617-1
忍者仕様。まつげをガードするためです。

CIMG2626-1
生首。鼻のところのピンクの横線が化粧されています。眉毛は書き込みです。

CIMG2620-1
付属品一覧。
ヘッド:七海
ウイッグ:セミロング(ブラウン)
オナホール
ベビーパウダーとはけ
黒いストッキングみたいなのは地毛を束ねて押さえるもの:ドールには不要だが付いてきている。

CIMG2621-1
ボディー
手先、足先はカバーされている。首のジョイント部も発泡シートで保護。

CIMG2622-1


CIMG2623-1
手、局部

CIMG2624-1

巨乳v( ̄∇ ̄)v

ボディを取り出すのも一苦労。これ以上重いの無理っ。(`Д´) ムキー

パーティングラインは思ったより目立っています。指先のパーティングラインの処理も雑さを感じます。

でも造形は良いですね。

CIMG2628-1

どうですか。v( ̄∇ ̄)v



CIMG2669-1
背中の造形も凝っています。ピンクの陰影でも立体感が出ています。

CIMG2684-1
でも、パーティングラインはこんな感じ。

柔らかさはショールームで触った145cm普通胸より柔らかい感じです(記事はこちら)。
ヘッド持ったときは柔らかくてドキッとしました。
新しいので柔らかいのか、少し仕様が変わったのかは判りません。
巨乳はショールームで触ったよりもよくなっています。分離したような感触はありません。
購入するときに、一応、こうなるだろうと期待していましたが、予想通りとなり賭けに勝ちました。
単なる触り心地だけでしたら他のおっぱい製品の方がよいものもありますが、やはり、リアルドールのトータルのリアル感にとても良いものがあります。
あと、乳首のくりくり感がとても良いです。予想外の収穫です。( ̄ー ̄)ニヤリッ

ボディの陰影も含めた化粧が少し強めですが、やりすぎ感は無く、慣れてくると良い感じです。

後、こんな体勢もできます。(屮゚Д゚)屮 カモーン

CIMG2639-1

左足の股関節が少しゆるいです。寝た姿勢で左足を少し上げるとホールドせず下に落ちます。
90°近くまで上げると落ちてはいきません。ですので、ポージングを重視していない私には許容範囲です。
でもストッキングをはかせる時は足が落ちてきてめんどくさいかな。

長短ありますが、全体としては満足できたお迎えでした。
付属ウィッグは、さすが付属だけあって、いまだ色移りしていません。
最初は恐々扱っていましたが、慣れも手伝いおっぱいを力いっぱい自由に揉みしだくとまた感触がよくなってきました^^
メーカー推奨されませんが足は180°開脚しますよ^^

  
Posted by bustydoll at 20:09Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月29日

頭を撫でると結構気持ちいい^^

Busty dollです。

うちのナナミンはリアルドールなので当然ながら頭がしっかり作られています。そのせいか、ウィッグの上から頭を撫でたり、両手で挟み込んでさすったりすると、とてもリアルな感触で気持ちいいです。
皆さんも試してみてください。

(*´Д`*)
  
Posted by bustydoll at 02:08Comments(0)TrackBack(0)

緊急避難先(しまうところ)

Busty dollです。


私はもうカミングアウトして誰に見せても大丈夫って人以外はドールの隠し場所は必要ですよね。

購入を考えている人は是非前もって確保しておいてください。

私は結局押し入れにしました。(そこしかないが)

こんな感じに。ドラえもん仕様
IMG_20161229_111109

人が来る場合はナナミンにドラえもんになってもらいます。( ´∀`)つ

  
Posted by bustydoll at 13:19Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月06日

おっぱいの揉み心地が変わる

Busty dollです。


ナナミンのおっぱいですが、揉み続けていたら、柔らかくなってきました。

いわゆる、手に馴染んできた感じです(*´ェ`*)

逆に言えば、垂れてくる可能性があるかもしれませんが、分離してきた感じはしませんので、垂れてきたら、まあ、そのとき考えましょう。


CIMG2657

  
Posted by bustydoll at 22:28Comments(0)TrackBack(0)

アルテトキオ純正オナホール

Busty dollです。

アルテトキオ純正オナホールは約14cm×4.5cmです。これをボディのホールに装着します。

装着の仕方は別途書きますが、これ結構エロイです。

IMG_20161213_002024-2




装着時はこうなります。どうですか。( ̄ー ̄)ニヤリッ

CIMG2650-2

  
Posted by bustydoll at 22:34Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月07日

ドールへのオナホール装着方法

Busty dollです。

ドール伝道師ジジさんがブログでご紹介されている方法です。シリコーンドールだけでなく全ての等身大ドールに応用可能です。

まず、スーパーで会計後に袋詰めするときに使える備え付けのポリ袋がありますね。この様な薄手のポリ袋を用意します。スーパーやホームセンターでも売っていますので購入します。
薄手が良いです。厚み0.010mmでは厚いですね。使うときゴワゴワします。私は0.006mmのを追加して買って使っています。0.006mm以下を買いましょう。
大きさはオナホールが入る長さのものが必要です。

これを一枚、先ず、ドール本体のホールにセットします。適当な冶具で奥までちゃんとセットしましょう。私はドライバーの持ち手のほうを使って入れています。途中で止めちゃうとポリ袋の底までの長さしか入りませんので注意してください。
CIMG2685-2

次に、もう一枚用意して、好きなオナホールをこれに入れます。で、袋ごとドール本体のホールに突っ込みます。
CIMG2686-2

ドール本体にセットしたポリ袋とオナホールを包んでいるポリ袋が滑って、あら不思議、簡単にオナホールをドールにセットできます。
CIMG2687-2


では
  
Posted by bustydoll at 17:37Comments(0)TrackBack(0)

アルテトキオドールの局部ホールの補強(標準仕様)

Busty dollです。

アルテトキオのドールに限らず、シリコーンドールではボディの局部ホールが切れやすいという話ですが、アルテトキオのドールは局部ホールがメッシュ補強されているのが標準仕様だそうです。これは内部に埋め込まれているのでホール内部表面からは見えないそうです。

しかし、縁の切れは発生しているので(私は既に二回発生)、これは、切れというよりは裂けが大きく進展しないようにするためのようですね。

確かに、局部から裂けがズバッといったら目も当てられません。補修できそうですけど傷が目立つでしょうね。

縁の切れはこまめに補修すれば目立ちませんよ^^

下の写真の様に表面からは判りません。
IMG_20161223_174850-2

この後、縁が切れているのを発見しました(別記事でも書いてます)。これが原因かもしれません。
Σ(´д`;)

では

  
Posted by bustydoll at 21:18Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月08日

ウィッグの互換と質感

Busty dollです。

ナナミンに空気少女★宇佐羽えあのえあ★うぃっぐ(ロングブラック)をつけてみました。
サイズ的にはArte145推奨ヘッドの七海にはつきます。だけど、hinaの時には気がつきませんでしたが、アルテトキオの純正ウィッグの方が断然質感が上ですね。まあ、値段も違いますが。

純正ウィッグの時は別記事にも書きましたが、撫でると本物のようで気持ちいいです。でも、えあ★うぃっぐはガサガサしてだめ。裏のネットの感触もゴツゴツ出ます。使いまわしを考えていましたが、難しいかもしれません。残念。


外観はこうです。
CIMG2693-2
CIMG2696-2
CIMG2702-2
CIMG2704-2

  
Posted by bustydoll at 02:06Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月09日

川柳2

川柳2
  
Posted by bustydoll at 14:03Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月11日

修理2

早くも2回目の切れを発見。本体側ホールです(●´ω`●)

上側の前回補修したところの裏側ちょっと奥側に切れが出たのと、下側縁に切れがでました。


これを楊枝の頭で塗るだけですので修理は簡単です。24時間放置しなければいけません。

下側は切れをつなげるだけですが、上側は補修しても結局凹になってしまっていました。内側で見にくいですからね。凹部分は、また、切れの要因になりますので、さらに、盛る形で接着剤を塗ります。硬化した後に平らになるようにします。薄い部分や凹部分がなくなるように接着剤を内側に塗ると良いと思います。

これでしばらく大丈夫かな(⌒-⌒)。

接着剤を塗るだけで簡単なのでまめにチェックして修理したほうがよいですね。

そうそう。傷が入るのが早いと思われてしまいますが、私の使い方が荒いのだと思います。

なにせ、股間を「180°開脚」させますからね( ̄ー ̄)ニヤリッ

  
Posted by bustydoll at 22:41Comments(0)TrackBack(0)